主人のボードゲーム熱に寄り添うブログ

主人が収集したボードゲームの紹介と育児について記載します。

ピックアップ記事(本ブログの別記事へのリンク)

ワクワク・ドキドキ!自分で紡ぐ冒険物語!!「ドラゴンをさがしに」

f:id:natsuhine:20200828025744j:image

 

1.ゲームタイトル

ドラゴンをさがしに

2.一言コメント

ワクワク・ドキドキ!自分で紡ぐ冒険物語!!

3.種類及び評価

タイプ 絵本 コンポーネント ★★★★☆(4/5)
難易度(難しさ) ★☆☆☆☆(1/5) 運要素 弱め
対象年齢 4歳から 言語依存
プレイ人数 1人 実プレイ時間 10分
表記プレイ時間 - ルール説明時間 1分
作者 ロメオ・エーニョ おすすめ度 ★★★★☆(4/5)
発売年 2020年 娘へのおすすめ度 ★★★★★(5/5)
メカニクス ストーリーメイキング 主人の評価

-
※子供のために購入したため評価なし
※次のシリーズもほしい♡

 


4.ゲーム概要 

f:id:natsuhine:20200828032701j:image

ドラゴンを町に迎えるという目的に向かって、主人公が旅をします。
途中に出てくる3つの選択肢選びながら自分だけの物語を紡ぐ参加型の絵本です。
主人公を誰にするかを含めて7回選択するので、単純に計算する2187(3⁷)通りの物語を作れることになります。
ぜひ、子供とワクワク・ドキドキの冒険に出かけてください。

5.コンポーネント紹介

本×1冊

6.ゲームの流れ

絵本を読みながら、3つの選択肢を子供に選んでもらいます
途中、アイテムを集めたり、怪我をしたりします。その時は絵本の指示に従って四隅にある円盤をまわしアイテムや怪我の回数を表示します。
選んだ選択肢によって、最後ドラゴンを町にお迎えできるかが決まります。

<娘ちゃんのストーリ>

主人公:けんかっぱやい リナ
娘ちゃんの選択傾向:かわいさ重視
結果:
けがを1回してしまったので、ドラゴンを町にお迎えすることはできませんでした。もう一息!!

7.対戦成績 

  • プレイヤー 
    娘ちゃん(読み手:なつひね)
  • プレイ(ミッション)時間
    10分
  • 娘ちゃんの最初の冒険
    失敗
    ドラゴンを町にお迎えはできませんでしたが、ドラゴンに乗って町まで送り返してもらえました。
    本曰く”じょうできです!”だそうです。
    娘ちゃんは、ドラゴンを町にお迎えするという目的が達成できなかったので、”何が悪かったの??どこで間違っちゃった??”と答え合わせをしたがりました。
    また今度別の冒険しようとなだめ、答え合わせはしていません。

8.個人の感想

自分で選びながら読み進める絵本なので、それなりに話が理解できる年齢の子供には楽しめるものだと思いました。
4歳からとある通り、年少さん以上くらいじゃないと読むのは難しい気がします。
大人からしたら、”なんでその選択肢??”というものを子供は選んだりします。
失敗するかもしれませんが、意外と面白いストーリが出来上がると思いました。
新しいシリーズがまた出るらしいので、要チェックです!!
試行錯誤しながら、いろんなパターンを試してもらえればと思います。

9.主人へ購入理由のインタビュー

アイコン
なんで買ったの?

 

アイコン
子供に読んだという記事を見て面白そうだったからだよ!!

 

アイコン
娘ちゃんは結構気に入ってたよ!絵本を収集しがちなママちゃんには大ヒット!!
次作にも期待だね!!

 

 

natsuhine.hatenablog.com

 

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー