主人のボードゲーム熱に寄り添うブログ

主人が収集したボードゲームの紹介と育児について記載します。

ピックアップ記事(本ブログの別記事へのリンク)

2歳からできておままごとにも使える!!「はじめてのゲーム果樹園(Erster Obstgarten)」

f:id:natsuhine:20201028013228j:plain

はじめてのゲーム 果樹園




1.ゲームタイトル

はじめてのゲーム果樹園(Erster Obstgarten)

2.一言コメント

2歳からできておままごとにも使える!!

3.種類及び評価

タイプ ファミリー コンポーネント ★★★☆☆(3/5)
難易度(難しさ) ★☆☆☆☆(1/5) 運要素 普通
対象年齢 2歳から6歳 言語依存
プレイ人数 1人~4人 実プレイ時間 未計測
表記プレイ時間 10分 ルール説明時間 5分
作者 Anneliese Farkaschovsky おすすめ度 ★★★★☆(4/5)
※小さな子供におすすめです
発売年 2009年 娘へのおすすめ度 ★★★★★(5/5)
メカニクス ダイスロール 主人の評価 -

4.ゲーム概要

カラスに食べられる前に全ての果実を収穫するゲームです。
プレイヤーVSカラス(ゲームサイド)でカラスに食べられる前に全て収穫できれば勝ちです。
初めてルールのあるゲームや遊びをするというお子さんには良いと思います。

5.コンポーネント紹介

果物:16個(4種類×4個)
カラスコマ:1個
バスケット:1個
果樹タイル:4枚
道タイル:5枚
サイコロ:1個

6.ゲームの流れ

<準備>

  • 果樹タイルの上に同じ色の果物をまとめて置きます。
  • 道タイルを5枚つなげて置き、一番遠いタイルにカラスを置きます。
  • 空バスケットを近くに置きます。

<ゲームの流れ>

f:id:natsuhine:20201028013259j:plain

はじめてのゲーム 果樹園 バスケットが出た時

f:id:natsuhine:20201028013319j:plain

はじめてのゲーム 果樹園 カラスが出た時
  • 各プレイヤーは順番にサイコロを振り、出た目に従って果物の収穫かカラスを1マス進めるかします。
    →色の面が出た場合、色に従って果実をバスケットに入れます。
    →バスケットの絵が出た場合、任意の色の果物をバスケットに入れます。
    →カラスが出た場合、カラスを1マス進めます。

<ゲーム終了条件>

  • カラスが果樹園に到達する前に全ての果実を収穫するか、カラスが果樹園に到達した時にゲームが終了します。
    カラスに食べられる前に全ての果実を収穫できれば勝ちです。

7.対戦成績 

  • プレイヤー 
    主人、娘、なつひね
  • プレイ時間
    未計測
  • 勝敗
    結構勝てる印象です。
    小さな子供がプレイするにはちょうど良いのかもしれません。

8.個人の感想

大人が楽しめるゲームではないです。
あくまでも、子供が初めてルールのある遊びをするのにちょうどよいゲームです。
我が家では上の子の1歳半のクリスマスにプレゼントしました。
最初はおままごとに使ったり、色を覚えるのに最初は使っていました。
今の上の娘には、物足りないですが下の子がプレイするときにルール説明の練習とかに活用していければと思います。
人の番の時は待つこと、順番を守ることを学べるのが良かったと思います。
娘の場合、なかなか順番を守るのを教えるのは難しかったです。

9.主人へ購入理由のインタビュー

アイコン
1歳半頃のクリスマスプレゼントに買ったんだよね。
いろいろな子供向けのボードゲームがある中でなんでこれにしたんだっけ?

 

アイコン
一番簡単そうだったからかな。
あと、果物とカラスが可愛かったからかな。

 

アイコン
確かに簡単だったし、可愛かった!!
娘も何回かプレイしたらなんとなく理解している風だったよね。
なかなか順番を守るというのはできなかったけどね。

 

natsuhine.hatenablog.com

 

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー