主人のボードゲーム熱に寄り添うブログ

主人が収集したボードゲームの紹介と育児について記載します。

ピックアップ記事(本ブログの別記事へのリンク)

【洗濯機】縦型とドラム式どっちを選ぶ?
【入学・入園準備】バッグのサイズ変更!
Oisix!!高いの?どんなサービスなの?
自由研究に!!わき芽でトマト栽培!!
【RISU】タブレット教材どうなの?!
主人のボードゲームが増えすぎて
お家時間を楽しもう!!100円ボードゲーム

一進一退の攻防を楽しむ!!「リシュリュー(Richelieu)」

f:id:natsuhine:20201130034430j:plain

リシュリュー(Richelieu)」 ボードゲーム



1.ゲームタイトル

リシュリュー(Richelieu)

2.一言コメント

一進一退の攻防を楽しむ!!

3.種類及び評価

タイプ カード コンポーネント ★☆☆☆☆(1/5)
難易度(難しさ) ★☆☆☆☆(1/5) 運要素 普通
対象年齢 8歳から 言語依存
プレイ人数 2人 実プレイ時間 40分
表記プレイ時間 45分 ルール説明時間 5分
作者 Michael Schacht おすすめ度 ★★★★☆(4/5)
発売年 2003年 娘へのおすすめ度 ★★★★☆(4/5)
メカニクス セットコレクション 主人の評価

4.ゲーム概要

17世紀初頭、Armand Jean du Plessis(枢機卿リシュリュー(後のルイ13世の宰相))と王女Maria von Medici(ルイ13世の母)がフランスの覇権をめぐって激しく争っていた時代を背景にしたゲームです。
プレイヤーはリシュリューとマリーとなり、領土(紋章)およびマーク(軍事、宗教、政治)を取り合います。
多数を取得したプレイヤーが領土やマークの得点を総取します。
ゲーム終了時に得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

 歴史的には、マリーとルイ13世との政権争いに巻き込まれて、リシュリューは一時的に失脚するが、才能が認められて枢機卿となり、その後、ルイ13世の宰相になっています。
一方マリーは、リシュリューを失脚させようと画策するが、リシュリューの方が上手でブリュッセルに亡命しています。
※ただし、このボードゲームにおいては、リシュリューが優位ということはないです。

5.コンポーネント紹介

カード×48枚
正方形の所有マーカー×6枚(各3枚)
ゲームタイル×14枚(紋章×9枚、マーク×3枚、所有マーカー回収×2枚)

6.ゲームの流れ

<準備>

f:id:natsuhine:20201127234623j:plain

リシュリュー(Richelieu)」 ゲームタイル並べ方

 

  • カード48枚をよく混ぜ、4列×12行になるように表向きに並べる。
  • ゲームタイル14枚をよく混ぜ、その内8枚を裏向きに上の写真の通り並べます。
    残りは、箱にしまいます。
  • 枢機卿担当のプレイヤーには所有マーカー(枢機卿帽)3枚、王女担当には所有マーカー(王冠)3枚を渡します。

<ゲームの流れ>

  • 手番で1~2枚のカードをゲーム準備で並べたカードから取得します。
    ※若いプレイヤーから交互にプレイします。
    ※カードは4列のカードの両端からしか取得できません。
    ※2枚のカードを取得する場合は、同一の色かつ紋章が2個以内である必要があります。
    ※相手の所有マーカーが置かれているカードを取得する場合は、自身の所有マーカーをゲームから取り除きます。元々置かれていた所有マーカーは相手プレイヤーに渡します。
    ※タイルが置かれているカードを取得した場合、裏向きのまま自分の近くに置いておく。
    ※所有マーカー回収のタイルは任意のタイミングでゲームから除外した所有マーカーをゲームに戻すことができる。
  • 取得したカードは色別に紋章とマークが見えるようにして自分の前に置きます。
  • 手番でカードを取得後、自身の所有マーカーを任意のカードの上に置きます。
    ※場のカードの上に置かれている所有マーカを移動することも可能です。

<得点計算>

  • 各色のカードの紋章を多く持っているプレイヤーがカードに書かれた得点を取得します。
  • マークは多く持っているプレイヤーに取得した枚数分の得点が加算されます。
  • 紋章とマークを一枚も持っていないものがあった場合は、その紋章とマークごとに-5点減点されます。

7.対戦成績 

f:id:natsuhine:20201130034446j:plain

リシュリュー(Richelieu)」 ボードゲーム
  • プレイヤー 
    主人、なつひね
  • プレイ時間
    30分
  • なつひねの勝敗
    なつひねの勝ち

8.個人の感想

所有マーカーの使い方(カードの予約)がかなり重要でした。
どちらかというと運用素よりは考える要素の方が強めなのが個人的には好きでした。
カードの予約やゲームタイルの要素によって最後まで勝敗がわからないのが面白かったです。
紋章やマークの総取り方式というのが大統領選を彷彿させると思いました。
2人だけでできるというのが、家で楽しむのによかったです。

9.主人へ購入理由のインタビュー

アイコン
何で買ったの?

 

アイコン
2人でプレイしたら楽しそうだと思ったからだよ!!
いま、このゲーム全然売ってないんだけど、リメークで”スピリッツ・オブ・ザ・フォレスト(Spirits of the Foerest)”というのが発売されたんだよ!!

www.tgiw.info

 

アイコン
重すぎず軽すぎずで、面白かったよ!
でも、絵柄は”スピリッツ・オブ・ザ・フォレスト(Spirits of the Foerest)”の方が好きだな!!

 

 

natsuhine.hatenablog.com

 

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー